top of page

正月飾りは、いつまで?







新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


2023年が始まり、息子が言います。


息子「あれは?」

私「門松という正月飾りだよ。」

息子「家の玄関にも飾ってあるよね。」

私「そうだね。門松ではないけれど、玄関にかける正月飾りだね。」

息子「そうか。いつまで飾るの?


仕事柄、門松を作ることもあるため、このあたりの知識はちゃんとしたことを伝えないとと思い、あらためて調べた結果、実は地域によって違うことがわかりました。



【門松・しめ縄】



「松の内」という期間が終わるまで飾ります。ちなみに、松の内は正月をお祝いする期間のことです。


関東では1月7日まで。

関西では1月15日まで。


その期間が過ぎた後に、近くの神社、または地域で行うどんど焼きに納めに行きます。



【鏡開き】



鏡もちは鏡開きの日に割って食べますが、実は地域によって異なります。


関東では1月11日に

関西では1月15日に


もちろん、各地域で異なるので、ぜひご自身の地元の鏡開きがいつなのか、ぜひ調べてみてください。



【破魔矢】



破魔矢は厄除けのための飾りとして有名ですが、基本的には正月以降も飾ってありますが、最長で1年間が限度だそうです。


期限が過ぎたら近くの神社に納めに行きましょう。



【正月飾りの使いまわしについて】



基本的には好ましくありません。

正月飾りのほとんどが「神様を迎え入れる」意味合いですので、お迎えするにあたって毎年同じものを・・・というのは・・・。

新しい正月飾りで気持ちよく新年を迎えたいですよね。



息子の発言から調べた正月飾り。

ぜひ皆様の生活にご活用いただければ幸いです。

bottom of page